かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

人になめられて幸せになんてなれるわけがない【ライフスキル】

f:id:koji-blog:20171024222526j:plain

人になめられると世の中生きづらいでしょう。だってなめられると相手は自分の言うことを聞いてくれないんですよ。相手は露骨に自分のことを見下してきます。たとえ正しいことを言っていても言うことを聞いてくれません。1✖️1=1と言っても信じてくれないんです。それは何故か。なめられてるからなんです。理不尽でしょう。だけどこれが現実なんです。

デートに誘っても簡単に断られたり、友人にお願いごとをしていとも簡単にあしらわれたりすることもあります。これもなめられてるからなんです。なめられてなければこういう結果にはなりません。俗にいう優しすぎるっていう人いますよね。僕は個人的にすごく好きなタイプですが、優しすぎるが故になめられやすいんです。優しい男が女性をゲット出来ず、オラオラした男がそういう女性をゲットする。なぜだと思いますか?それはそういうオラついた男はなめられてないんですよ、女性に。ま、オラつく威張るのもどうかとは思いますが、なめられてるよりはマシだと思うんです。

いじめられた経験がある人は世の中に沢山います。いじめは100パーセントいじめる奴が悪いと思います。ただいじめられる方にも原因があるんです。つい舐めたくなる表情をしてるかもしれないんですよ。会社で働いている上司など教える立場の人間もなめられたら終わりなんです。威厳を失い、影でバカにされ仕事に支障をきたすでしょう。どうです?なめられていいことなんてあるんですかね?答えは無いでしょう。

なめられて幸せになんてなれるわけがないんです。

じゃあどうすればいいかここに書いていきます。
色々解決策はあると思います。が、シンプルが一番強いと思うんです。それは何かと言うと、

「なめられちゃいけない。」

と心の中でずっと強く思うことです。要は気の持ちようです。強く思っているとなめられない顔つき、声のトーン、姿勢になっていきます。
ハッタリでもいいんです。なめられないように髪型を決める、服装を整える、格闘技を習う、ロレックスを身につけてみるとか色々あると思います。ただ一番手っ取り早いのがなめられないを意識することなのかなって思います。
残念なことに、あまりにもこれを知らずに育っている子供や大人が多すぎます。

僕は教師という立場上なめられてしまったら終わりだと思っています。だから常に自分に言い聞かせています。「なめられちゃいけない。」と。よく優しいと厳しいのバランスが難しい時があるんですが、今は高学年をもっているので優しい姿を見せつつ、基本は堂々として動じないように振舞っています。褒めるのも叱るのも個別にしています。
なにはともあれ強く、たくましく生きていきましょう。幸せになるために。