かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

【教育】外見を気にしない人は嫌われる

f:id:koji-blog:20170725201004j:plain


「世の中外見じゃないよ。」って言われたことないですか?僕はいつの時代だよってつい反論したくなります。いまの時代、生活保護もあるぐらいだから、どんな状況でも日本に住んでいる限りは最低限の生活が出来ることが保証されています。それだけ恵まれているんです。日本に生まれた以上かなり勝ち組じゃないでしょうか。外見を気にして整えるぐらいのお金はあるでしょって言いたいです。ましてや教師は地方公務員です。給料は安定しており、勝手に年々上がっていきます。自分と接している相手の気持ちを考えるないことは親切であるとは言えません。

人はハゲやデブなだけで嫌われる
人は相手をその人の話す内容よりも視覚的情報(見た目の印象)からうけてしまうものです。それほど外見って大事です。まして教師は、同僚、子供、保護者という幅広い方々と接します。なのでそれだけ嫌われる可能性もあるということなんです。「先生、太っている。自分に甘いのかな?運動してないだろうな。ちゃんと食べてんのかな?なんか暑苦しいな。体育で走れるのかな?」など太っているだけで言われちゃうんです。「やべ、あの先生ハゲてるよ。マジうけるw」とかも聞こえて来そうですよね。僕はこれってデメリットだと思うんですよね。教師にとってとても大切なことはクラスをよりよくまとめることなんですが、このちょっとした身から出たサビが障害になっちゃうんです。改善しようと思えば出来るのにやらない人がいかに多いことか。子供からどうせあいつハゲだしデブだから話聞くのやめよーってなるの嫌じゃないですか。外見で嫌いになるやつなんていないって信じてるのは大間違いですよ。その身から出たサビぐらい処理できない自分に甘い人は人格者なわけないですよね。(ごめんなさい、ハゲはどうしょうもないかもしれません。)

イケメンや美女と一緒にいたい理由と似ている
人ってイケメンや美女などのモデルと接することに喜びを見出します。なぜかというと外見がいいという魅力に魅了されているから。話を興味をもって聞いちゃいますよね。それと同じで外見がいい教師と接することに他の人たちは喜びであったり誇りを感じます。人は自分が好きな人の話を受け入れる傾向があるので、外見がいい教師は自分の話を聞き入れてくれやすいんです。なので結果的に外見を気にしない人より話を聞いてくれる分、仕事を優位にすすめることが出来るんです。これって凄いことでしょう?外見を小綺麗に、ピシッと決めるだけで状況が変わるんです。

そうは言っても嫌われないのは不可能
上で言った通り、人はちょっとしたことで嫌われたり、好かれたりします。「性格がキツイ、自己中、約束を破る、話聞いてない、すぐ忘れる、やるべきことをやってない。」って沢山続くでしょう。ただね、思うのが外見をいくら変えて、良い性格でいようと思って振舞っていても嫌われることがあるんです。嫉妬の念から外見で嫌われてしまうことだってあるんです。言ってしまうと、嫌われないやつなんて世の中いないと思うんです。世の中そういうもんなのかなって思っちゃいます。嫌われないのは不可避です。だから嫌われて当たり前だと思ってた方が気が楽でしょうね。みんなから好かれるのは不可能でしょうから。もし嫌われてしまった場合、今日は自分とが合わない人と出会ってしまったなって思っちゃった方が楽でしょう。

意識を変える

僕が大事だと思うのは、物事を良くすすめるために、(モテるためにでもいいですが)意識を変えて言った方がいいかもしれませんね。例えば、あなたの生活が舞台の上で行われてたとします。観客から見てあなたはどうですか?言ってしまうと第三者から見てあなたはどのように映ってますか?かっこいいですか?自身なさげですか?よくわからないですか?引きこもって、周りからどう思われようと関係ない興味ないよというのであればそれはそれでいいと思います。ただ周りから見ていいな、魅力的だなって思われるにはあなたはどこを変えればいいと思いますか?観客があなたをもう一度見たい、一度会ってみたいと思わなきゃ魅力的とは言えないんですよ。髪型、服装、声、姿勢、話す内容など様々魅力的に、そしていいなって思われる部分は沢山あると思います。最近は、どうやら人と違うことをして、それが魅力的に映る場合が多いみたいですね。会社に所属せず、フリーで働いたり、ブログだけで稼いだり、他の誰かが言って欲しいことをズケズケとブログとかで言ってくれたり。。多様な生き方が存在していて見ていて楽しいですね。人生の主役は自分なんだから、自分らしく魅力的に楽しく生きていきたいものですね。