かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

徹底的に断捨離をする

 f:id:koji-blog:20170621001801p:plain

 
断捨離してみたいと思います。なぜそう思ったかと言うと、整理整頓が部屋でも職場でも出来てない状況で、なんとも思考がすっきりしないからです。また書類を無くしたり、必要な時に必要なものがその時に見当たらないからです。結果的に時間の無駄になっているんです。ということでこの際、徹底的にやってやろうと思った次第です。
※ちなみに断捨離とは、ただモノを捨てるだけではありません。自分にとって大切なものを見つめ直し、新しい暮らしを手に入れる整理法のことを言います。
 
そこで断捨離したいリストを挙げてみました。
 
①本 服
 
②職員室の机の中  教室の机  プリント類
 
③人間関係
 
④古い考え
 
です。
 
本や服の断捨離
本や服ですがメルカリやヤフオクなどで売っています。よく色々な本を読むんですが、振り返ってみると、また読みたいなって思う本ってそんなにないんですよね。だったら売るなり捨てるなりしちゃおうと思いました。教育系の本、自己啓発の本、ノンフィクションの本、小説、古典など多岐に渡ってるんですが、ほとんど売ろうと思ってます。もちろんこれは大事だなあって思うやつはあるんですが。コレクションにしたいとは思ってないし、本屋をやろうとは思ってないんで売ります。
服もすごく好きでよく古着やブランド服を好んで買っていたんですが、職場で着れないものは必要ないと思ってます。やっぱ服は着てもらってなんぼだと思うんです。コレクションにしたいとはやはり思えないです。場所の邪魔ですね。
 
ここの服たちは残して置くつもりです。
 
職員室や教室の中での断捨離
僕の職員室の机と教室の机の上は比較的きれいです。あえてそこはすっきり見せるようにしてるんですが、机に中はぐっちゃぐちゃです。ボールペンやら赤ペンやら付箋が散乱しています。時々おかしの袋とかも入っちゃったりしてます。これでもかっていうぐらい毎日書類が僕の机に届きます。捨てても捨ててもです。全く授業の準備や他の事務の作業に集中出来ないんです。机の上が綺麗で中が汚いっていうのは、表面的には上手に仕事をやっているように見せて、実はあまり考えられてない傾向があることを露呈しています。あとプリント類もいらないやつがほとんだと思うんですよね。もっとデータ化が進み、ペーパーレスになってほしいです。未だに文書が好きな傾向が見られます。
 
人間関係の断捨離
先日前の職場の運動会に行きました。早いもので最後に見た子供たちが6年生になっていました。応援団や騎馬戦、高学年リレーなどとても見応えのある内容で、大きくなったなあ成長したなあって感じました。だけどもうこの学校の運動会に来るのは今年で最後だろうなって感じてます。子供たちもどの保護者たちとの関係もいい意味で切っていかねばと思います。じゃないとお互い前に進めませんからね。ついこの間卒業した6年生(今中学1年生)が小学校に戻って6年の担任に会いに来るということがあります。この場合僕は担任だったらあまり会いたくないです。なぜなら彼らはまだ僕を必要としてしまっているからです。卒業させるまでに全て伝え、一人で自立して生きていってほしいです。そんな簡単に弱音を吐く、今やるべきことから逃げてる生徒には育てたくありません。
 
古い考えの断捨離
なんか古い固定観念を僕はもってるんです。根が真面目なんで余計に自分を辛くさせてるのかなって思ってます。例えばですが、遅くまで学校に残って教材研究などの仕事をするとかです。子供のために頑張っているというには確かに立派だと思います。しかし、残業してまで(残業を続けてまで)いい授業を作る必要あるのかなって思うんです。僕は意味ないと思います。
はっきりいって時間かければ誰だって見栄えのある授業は作れると思います。生徒は喜ぶでしょうが、あなたの家族はあまり喜んでないですよ?むしろ早く帰って来て、一緒に手伝いをしてほしい、一緒に御飯を食べてほしいと思ってますよ?身体は正直だからストレスや疲れを溜めてます。それに公務員ですからいくら残業しても給料は変わらないです。だったら定時以内(16:45まで)で出来る最高の準備をしていけばいいんじゃないかなって感じます。今じゃあ短い時間の中で効率よく仕事ができ、取捨選択出来る人は立派だなって思ってます。
※他にも断捨離したい考えはたくさんあります。