かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

人の考えは常に変わり続けていく【雑記】

f:id:koji-blog:20170916171826j:plain

最近仕事で忙しくしている日々が続いています。運動会の練習であったり、研究授業(他の先生に授業を見てもらうやつ)の準備であったりやることがたくさんあります。個人的には忙しいこの時間の過ごし方もあまり嫌いではなく、むしろ充実しております。たまにいかに動かないで楽してお金を稼ごうという人もいます。しかし、楽して大金を稼いだとしてもその時自分は果たして充実してるのか楽しいのか甚だ疑問です。少なくとも僕は寝たきりの老人の準備をいまからしようとは思ってはいませんし、ゲームばっかしたいとも思っておりません。自分がいるべき場所で笑顔で多くの人たちと関わっている方が好きなんだと思う。(え?それ単なる社畜じゃんとは思わないでくださいね。)


賢い人間が人の意見に耳を傾ける
賢い人間というのはどんなアドバイスであれ、それが自分の糧に成長に繋がるということを冷静に理解しているので、人にどんどん会いに行き、聞きにいきます。そこには変なプライドはありません。自分の成長とそしてその周りへの還元のことを考えることが出来るぐらい視野が広いので、聞きに行く姿勢を喜んでとることが出来ます。むしろ感謝してると思うんですよ、こんな自分のために時間使ってくれて何か言ってくれてってね。そこで相手が間違えて自分があってたらあってたらでそれでいいと思うんです。大事なのは向き合うことだと思うんです。もちろん全部聞いてばっかで自分の考えを持たないというのは話になりませんが。

人の考えは変わっていく
最近思うのが、世の中完璧な考え方とかってそうそうないと思うんです。絶対この考え方が正しいとかもそうないはずなんです。だから僕は自分の考えや他人の考えで絶対正しいものなどないと信じています。自分の考えも年を経るごとに変わるのを知っていますし、人の考えも変わるなって思うこともあるので。そしてその考えは常に更新され続けなければならないものだとも思っています。だから今の状態からベストな状態にもっていくよりも、少しでもベターな方向にもっていければいいかなってという気持ちでアドバイス聞くようにしています。アドバイスをとりあえず聞くようにし、取り入れるところは取り入れて、聞かないところは聞かないようにしてます。中には明らか論理的でなかったり、個人の主観が強すぎたりするものがあるからです。

話を冷静に聞こうとしない人は危うい
逆に話にあまり耳を傾けない人は、結果的に損をすると思っています。他の人の話を聞きいれることができず、自分の考えに固執してしまいますから。人からのアドバイスや注意を取り入れることが出来ず、むしろそれに対して怒りの感情を表してしまいます。「俺は完璧なんだ、なんでそんな余計なことを言うんだ」ってな感じで。そして自分の信念においてまっすぐ突き進んでしまいますから、ある意味危ういです。平気で何かに対して命を捧げてしまいそうな気がします。その何かが本当に正しいかどうかもあまり考えずに。