かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

【考え事】頭がいいということはそれだけ悩むことが多い。むしろ頭が良くない方が幸せなのかもしれない。

引っ越しが完了しました。新居の築年数はそこまで新しいほうではないんですが、広めで気にっています。まだまだ未開封のダンボールが沢山あり気が滅入りそうになりますが、少しずつかたしていきたいです。あと結構静かな場所なので夜静かに寝れるのがいいです。静かすぎてまだ慣れない部分もあります。また近くにコンビニがないので無駄な買い物をせずにすみそうです。昨日新しい布団で寝たんですが、初めての部屋で寝るということもあり、遠足の子のような気分であまり寝れていません。全身だるく、血行が悪い感じです。朝はごはんと味噌汁と納豆でなんとも日本人らしく質素な感じでした。


f:id:koji-blog:20170814143801j:plain

タイトルの通り、頭がいい人は悩むことが多いと思います。ここでいう頭がいいというのは普通の人より視野が広い人でなおかつ能力が長けている人のことを指します。僕は決して自分のことを頭がいいとは思ったことはありません。むしろ頭が悪いと思っています。ただ世界は広いです。頭がいいという人は実在します。ネット上でも多々見受けられます。

頭がいい人は悩む
頭のいい人というのは普通の人が悩まなくてもいいことを悩んでずっと考えてしまいます。例えば、宇宙はどのように出来てどのように広がっているのか。死後の世界はどうなっているのか。近年目立つイスラム国のことであったり、北朝鮮のミサイルのことについてずっと考えてしまったりするのです。もっとあらゆる仕組みを知りたいがために多くの時間を使って調べてしまう。自分が興味があることを究極的に突き詰めようと目論みます。その心境やいかに。終始穏やかではないのでは。。普通の考えない人は思考をそこで停止させます。考えるだけ頭が痛くなるし、むしろ違う楽しいことを考えようって思っちゃいますから。そう、楽なほうに楽なほうに流れますよね。

頭が良くないことは悪いことなのか
頭が良くない方が気持ちが楽なのではないだろうかと僕は思ってしまう時があるんです。だって余計なことで悩まなくてもすむからです。ずっと何かに対してしかめっ面で塞ぎ込み考える人とあまり考えすぎず明るくのびのびと笑顔で過ごしている人はどちらが幸せそうに見えますか? 僕は明るくのびのびと毎日を過ごすほうが幸せなんじゃないかと思ってしまうんです。余計な情報をあまり入れず、大地や森、そして海などの豊かな自然の中で楽しんでいる方がいいんじゃないだろうか。出世や大金持ちになりたいという欲もあまり持たず、残業もあまりせず家族や近い友人との結びつきを大切にしていくことの方がはるかに豊かなんじゃないだろうか。世の中、金持ちの方が幸せみたいなイメージが強すぎます。また月収がいくらだったとかで煽る人も多すぎます。そんなことに憧れすぎてもどうかと。。それよりも本来はどういう人達とどれぐらい仲が深いとか心をどれだけお互いに通わせているかとかに価値があるんじゃなかろうか。損得で動く人達がいかに多いことか。