読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

アメリカ留学を決意した単純な理由

留学

海外留学の需要

海外留学って流行ってるんですかね。グローバル化が進んでいる中で英語の必要性が叫ばれてますが、果たしてどうなんでしょう。英語力を身につけて海外飛び回る商社マンとかになるんだったらいいのかなとは思いますが。しかし、1年とか2年海外留学行っただけで人生何が変わるんでしょうか。

きっかけは
2つあります。
1つ目は高校1年生の時にニュージーランドに3週間語学研修に行ったことがきっかけです。これは学校独自のプログラムでした。高一で3週間海外行くのはとても怖いものでした。片道13時間のフライトと時差ボケ。真新しい家と道、お店、どれもが新鮮なものでした。ホームステイしてましたが、がっつりホームシックになりました笑。あっという間の3週間を通して海外生活は楽しいっ!また来たいって思ったんです。全く英語話せなかったですが、話せる気になってました笑。

f:id:koji-blog:20170228220417j:plain

f:id:koji-blog:20170228220447j:plain


2つ目は大学4年生の時にメキシコに国際ボランティアに行った時のことです。確かCIEEという国際ボランティア団体のやつです。夏に二週間行きました。(とても航空費とかお金がかかりました汗。)

f:id:koji-blog:20170228220946j:plain

そこでは日本人は僕だけ、他は現地のメキシコ人、ドイツ人、フランス人、イングランド人など10名ほどでした。当初ボランティア要綱によると英語での会話でしたが、ほぼスペイン語での会話になってしまいました。。もう、二週間苦痛で苦痛仕方なかったです。リーダーの方がまたいじわるなイングランド人女性で(みんなから嫌われてました)、こーじは喋れないからお荷物と思われていたし、露骨に態度に示されていました。こいつ何しにきたの?ってな感じで。

もうね、悔しくて悔しくて!その時にふと決意してしまったんです。

よし、いつか英語かスペイン語身につけてみんなを見返そうって!!

後にもこれにもこれが大きなきっかけであったと思います。多分こんな経験した人は意地でも留学に行くと思います。基本止められません笑。

今思うこと
冷静に考えるとなんて金がかかってリスキーな道を選んだんだと思います。大学院留学でしたから凄く勉強に時間をさきました。普通に就職するの遅れますしね。今の懸命な若い子たちはあんましないんじゃないでしょうか。

人生はあっという間。最低でも2年は海外で住みたい、じゃないと死に切れないって思っちゃってたんですよ。なんか単純すぎですね。ですが行ったことに対して全く後悔してません。ただただ行ってよかったと思ってます。