読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

魅力があればうまくいく

ぼくは、教員採用試験に晴れて合格し、現在正規教員として幸せいっぱいに担任をもたせて頂いております。元気いっぱいの子ども達に囲まれ毎日がとても充実しています。

 

しかし合格する前に、不合格になった苦い経験があります。本当に挫けそうになりました。

一生懸命論文の練習と面接練習しました。校長先生とも何回も面接練習しました。

 

しかし毎年不合格。人間を否定されたようですごく悲しかったですし、受かる気がしなかったです。教員を志していて似たような経験あるひといませんか。

 

 

何が足りなかったか。

 

 

ズバリ魅力が足りなかったです。

 

採用試験の面接はたった30〜40分にどれだけ自分を魅力的にアピール出来るかです。

この時間は残酷にもあっという間にすぎます。毎年何も意識せずぼーっと聞かれたことを答えていました。それじゃダメですね。じゃあ魅力ってなんぞやってなります。

 

それは簡単に言うと

①笑顔

②自信

③ハキハキと喋る

ことです。

 

この3つを日頃から意識すれば必ず受かります。必ずです。(これは人生を気持ちよく生きて行く上でも必要です。)

 

面接官は一緒に仕事したい人を合格にします。

笑顔な人と笑顔じゃない人とどちらと一緒に仕事したいですか?一目瞭然ですね。

よく私はいつも笑顔ですよっていう人いますよね。僕から見ててまだまだだなあって思うことが多いです。もっと笑顔を作れます。

 

自信がある人と自信がない人どちらと一緒に仕事したいですか?これも一目瞭然です。自信がある人は見ていて魅力的です。一緒に仕事したいです。あなたの周りの自信に満ち溢れた人は外見にも気を使っています。

 

ハキハキ喋る人とボソボソ喋る人どちらと一緒に仕事したいですか?(くどいですかね) ハキハキ喋る人は印象がいいですし、説得力がある感じがします。内容が薄っぺらくても、お!って周りから思われます。

いかに面接練習しても自分自身を魅力的に変えようとしなければ何回やっても受かんないと思いますが、逆に言えば自分を魅力的に高める絶好チャンスでもあるわけです!

楽しんで頑張ってくださいね!