かっこいい教師

「魅力的、おしゃれ、かっこいい生き方」を目指す教師が教育、留学、ライフスキル、ファッション、日々思ったことなど幅広いことについて記事を書いていきます。

僕の生い立ち

僕自身の人生をざっくりと振り返ってみたいと思います。なんか自分の人生を軽く書き残したかったんですよね。あといつもこのブログを読んでくださってるみんなに、このブログ書いてる人こんな人なんだって知ってほしいからでもあります。
 
幼稚園の時
今でもう○こもらした記憶があります笑。
あと階段から落ちて顔面がボコボコになりました。幼稚園の先生優しい人でいつも抱きついてた記憶があります。
 
小学生の時
ちびすけで鉄棒が上手でした。卓球クラブに入ってました。家から小学校まで2kmあり頑張って毎日歩いて行ってました。多分相当体力がつきました。大人しいほうでしたが、喧嘩になると普通に相手を殴ってました。
 
中学生の時
チャリ通でした。兄の影響もあり塾に通い始めました。よく勉強がわかんなかったです。テニス部にも所属してましたが、部長が意地が悪いやつで完璧に省かれてましたね。この時英検頑張って3級とりました。頑張って良い内申をとり私立の新学校に合格。受験を早めに終わらせられてラッキーでした。結構荒れている学校でしたね。

f:id:koji-blog:20170318222401j:plain

 
高校生の時
東京の私立の学校でした。駅から徒歩25分とかわけわからないところに学校がありました。また下半身が鍛えられました。硬式テニス部に所属してました。大学受験に強めの学校だったのでみんなよく勉強してました。高校1年の時にニュージーランドの語学研修に行きました。あとこの時初めて彼女もできました笑 高校3年の時に韓国に修学旅行に行きました。彼女とすぐ別れ、ずっと引きずってました。切なくも楽しい3年間でした。
 
大学生の時
母が病気を患い自分が19歳の時に他界しました。自分の人生に大きく影響を及ぼしました。工学部でしたが、あまり研究ということに関して興味を持つことが出来なかったです。この時期フィリピンとメキシコにボランティアに行きました。貴重な経験になりました。周りが就活をし始め焦ってました。
 
大学卒業後
小学校教師になるのと、アメリカ留学行きたいとの2つの思いをもちましたた。学童保育で働き始めつつ英語の勉強をしてました。あと通信教育で教員免許をとるために勉強してました。仕事では子ども達と毎日戯れてました。児童特別指導員として補助員の方々も巻き込んで1年間働きました。マジ英語の勉強が辛かったです。
 
教師になろうとした理由はこちら
 
アメリカ留学決意した理由はこちら
 
アメリカ大学院留学
留学提携の塾の支援のおかげでニューハンプシャー州のとある大学院へ行くことができるようになりました。とても田舎な場所でした。スキーやスノボがとても盛んな地域でした。この時期英語の勉強にとても意欲的でした。友達がたくさん出来ました。勉強かなりしたと思います。単位を取り論文も書ききって無事大学院卒業しました。下の写真ニューヨークに行った時の写真です。もう一回ニューヨークに行きたいです。
 

f:id:koji-blog:20170318222436j:plain

 
帰国後某派遣社員時代
留学後学校で働くのに時間が空いていたので派遣社員として某携帯ショップスタッフとして働きはじめました。。スマホとかガラケーとか興味ないのに勤めていました。給料がちょっといいだけで本当につまらなかったし、よく怒られました。パワハラを受けまくり、途中でギブアップ。派遣先に連絡してバックれました。そしてフリーターへ。。
 
フリーター時代
人生の底辺かもしれない。数日間食べては寝ての生活を繰り返すつまらない日々を過ごしてました。このままじゃつまらないと思い、短期バイトすることに。数ヶ月間色々な食品工場、物流会社に行きました。交通費出ず、時給900円のとこもざらにありました。ドッグフードの検品の時は本当に辛かったです。事業所行って手渡しで給料をわざわざもらうなどとてもやりきれない思いでした。
 
産休代替教諭時代
産休代替教諭の申し込みをした後、某小学校から電話を頂く。面接で選んで頂いて、4年生の担任に。素晴らしい校長先生でお世話になりました。子どもが荒れたり、保護者からクレーム受けたり様々ありましたが2年半勤務して教採に合格し、現在の学校に至り、日々かっこいい教師を目指してます。
 
ざっくり書きましたが、こんな感じの人生を送ってきました。大変なこともありましたが、なんだかんだやりたいことをやる事が出来てる人生を送ってますね。ああ、幸せだなあ。